マラソン大会はクラウドで、さあ走ろう。 powerd by SPOBY

開催中止・延期の危機に陥ったマラソン大会を
「クラウドマラソン」で実現しませんか。

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、多くの大会イベントが中止または延期になっています。
全国各地の健康成長度の高いアプリユーザーへ向けて オンラインでマラソン大会を実現し
大会ブランドや地域の魅力を発信することができます。

クラウドマラソン3つの特徴

  • 1

    全国各地から参加者を獲得できます
    SPOBYを利用する健康意識が高いユーザーが 全国どこからでもクラウドイベントに参加することになります。最大10万人の参加者獲得も実現可能です。

  • 2

    3密を最小限に抑えます
    参加者は全国各地それぞれのエリアでウォーキング、ランニングをすることで参加するので、イベントがひとの密集を生み出すことはありません。

  • 3

    「競争」から「共走」へ
    SPOBYクラウドマラソンは順位やタイムを判定基準にはしません。ウィズコロナの時世において、健康活動に参加することに意義を示したサービス内容となっております。

クラウドマラソンの仕組み




すぽびぃ町 クラウドマラソン2020

種目:5Km/10km/ハーフ

参加条件:アプリを使って期間中に条件の歩行or走行距離をカウントするだけ

開催期間:10月7日10:00〜10月14日 12:00(例)

ルール:順位もタイムも関係なし

参加特典:記念Tシャツを全員プレゼント(例)

抽選で地域の物産プレゼント(例)

  • どこからでも参加可能

クラウドマラソン 5つのメリット
参加者の属性 地域の住民だけでなく 全国の健康習慣力の高いアプリユーザーの参加が可能になります

※自社従業員やエリア市民限定の開催も可能です

参加人数の規模

1,000〜10,000人

※最大10万人規模の参加も可能

コミュニケーション 動画でイベントや地域の魅力を発信できます
イベント開催後も継続的にコミュニケーション可能
PR/話題性 全国の健康習慣力の高い消費者にアピール可能
実地イベントに向けたプレイベントとして位置づけることも可能
新しい形の取り組みとして全国メディアにアピール可能
外出自粛で運動不足に陥った自社の従業員や地元市民を対象とするイベント開催なども可能
コスト 実地イベントと比べて9割以上の削減も可能

お問い合わせ

入力した情報はSSL暗号化通信によって
安全に送信されます。