ニュースリリース

世界初!ひとの移動による脱炭素活動をスコア化

2022年2月「SPOBY 脱炭素ウォーク」リリース


株式会社CUVEYES(東京都中央区 代表取締役 夏目恭行)は、スマートフォンアプリ「SPOBY(スポビー)」の新機能として、人の活動による二酸化炭素排出抑制効果を可視化する「脱炭素ウォーク」を開発し、2022年2月よりサービスを開始します。 2018年にリリースしたウォーキングアプリSPOBYは、ユーザーの歩行機会と歩数の増加による健康増進・疾病予防をミッションとしてサービスを提供してきました。 ウォーキングアプリで培ったノウハウを活かして、地球温暖化という社会課題の解決に貢献するため、今夏より「健康増進+脱炭素」を実現するアプリの開発に着手しました。





「SPOBY 脱炭素ウォーク」概要
⚫︎移動手段を自動で検知し、アプリに表示
⚫︎歩行に加え、自転車移動も、健康活動としてカウント
⚫︎独自のアルゴリズムで、日常の移動における二酸化炭素排出抑制効果を算出
※健康管理と脱炭素活動を支援するシステムとして特許出願中。
※従来のSPOBYの機能はそのまま使えます。



「SPOBY 脱炭素ウォーク」の活用例

<法人の社内サービス>
・社員の活動で「健康増進と脱炭素」を両立
・通勤における二酸化炭素排出抑制効果の可視化(移動手段やルートの変更による効果、リモートワークの効果など)

<自治体の住民向けサービス>
・近距離の自動車での移動を減らして、歩行や自転車の利用を促進し「健康増進と脱炭素」を住民の力で実現

<協賛スポンサー>
・SDGs等のイベントでの活用(告知、集客)
・サステナブルな商品やサービスのモニター



【SPOBY(スポビー)とは】

「SPOBY」は、活動量に応じて特典が受け取れるスマートフォンアプリです。これまでに13万ダウンロードを超えており、若者からシニア層まで幅広い層にご利用いただいております。 2020年には、住民や社員の方の健康増進を支援するツールとして、自治体や企業での導入も始まり、ユーザーの平均歩数の増加と高い利用継続率を実現しています。2022年2月に、人の活動による二酸化炭素排出抑制効果を可視化する新サービス「SPOBY 脱炭素ウォーク」をリリース予定です。

【サービス概要】
サービス名:SPOBY(スポビー)
アプリ対応機種 :iOS/Android
サービスURL:https://spoby.jp/index.html
E-Mail:info@spoby.jp

【株式会社CUVEYES について】
CUVEYES(キューヴアイズ)は、スマホアプリの力で、SDGsの実現を目指す企業です。

代表者名
代表取締役 最高経営責任者 夏目 恭行
本社所在地
東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋 DMビル 5階
事業内容
ヘルスケア事業
URL
https://cuveyes.com/index.html

<報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社 CUVEYES
TEL:03-6435-7204 FAX:03-6435-7209
E-mail:info@cuveyes.com